なにもしていない環境での撮影

撮影の話しに入る前に、誤解を受けそうなので
「まったく何もしていない環境での撮影」の話を軽くしておきます。


撮影というと背景とかライトとか、環境を整えることに目がいったり
そもそもケータイしかないからろくな写真は撮れないとか
そんな風に思ってる人はたくさんいると思います。

はたして本当にそうなのか?
自分自身ちょっと疑問だったので
ケータイを用いて撮影してみました。
ライトだのなんだの、小細工は一切してません。

1枚目だけは余白が広すぎたのでトリミング(切り取り)しましたが
あとの3枚は何の加工もしてません。
でかいわ重いわで申し訳ないですが、サイズ変更すらしてません。

f0128319_2043741.jpg
f0128319_2045429.jpg

f0128319_2051623.jpg
f0128319_2053028.jpg
クリックで原寸が見られます。
ケータイ撮影の見本としてお持ち帰りしたいなんて人はご自由にどうぞ。

念押しでいっておきますが、ケータイのほうでも
とくに設定をいじったわけではないというか
画質と記録サイズしかいじれません。
ちなみに撮った枚数はそれぞれ2枚で、いいほう選びました。

で、みていただければわかると思いますが
色や手ブレなどは気になるものの
構図自体は普通のデジカメとなんら変わりのないものが撮影できます。
2枚目のドーベンがすべて物語っています。

せっかくなのでレビューに使用した同じ構図の写真と比較してみます。

f0128319_2139293.jpg
こちらがレビューに使用した写真。

f0128319_20162595.jpg
これが上の写真を縮小したもの。
普通にこっちのほうがかっこいい。

当然光の当たり方は悪いし、白とびもおきますが
だからといって決してかっこいい写真が取れないわけではないです。
普通の人に見せればおそらくケータイで撮影したなどどは
信じてもらえないレベルくらいのものは撮ることができます。

ある程度の知識と経験がないと
部屋の中から綺麗にかつ、かっこよく取れるポイントを探すのが難しいんですが
「部屋の電気」という照明が1つ存在する以上は必ずあります。
その探し方が書ければ、いずれ。
[PR]

  by soriden | 2009-02-16 20:44 | 塗装・撮影

<< 磨き中 陸遜塗装間近 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE