AGOブレイク2

前回のAGOブレイクに至るまでの話。

キットのアゴをギリギリまで削りこんであの状態だったんですが
どうあがいても再現できないってことで
調整が面倒そうで放置していたフェイスのほうを設定がどうりに削りこみ
スペースが出来たのでアゴをカットしてパテで新造。

元のアゴがなくなったことでフェイスを支えられなくなったので
パテを使って微調整し、いざ組み立ててみたら
いつの間にかフェイスガードのほうに歪みが生じていたようで
それが元通りにしまってAGOブレイク。

それとは関係なくなぜかフェイスが傾いてしまうので
それを調整していたら力みすぎていろんなところが連鎖ブレイク。

f0128319_22184189.jpg
今こんな状態です。
キットと大してかわらねぇ。
あと見てのとおり今までと違うパテ使ってます。


で、もうランスロットのほうがどうにもならんので
ついに紅蓮かいなぁ弐式にも手を出しました。

紅蓮のほうはまだあまり脳内設計図できてないんだけど
これまた酷い顔だな。
というわけでこちらはいきなりAGOの削りこみ。

f0128319_22223344.jpg
見てのとおり、即効で根元がAGOブレイクしてます。

作ってるときにすでに感じてたんだけど
成型段階でグロス仕様がなされてる都合上
プラがとてももろくなっているので
まずはカットするところピンバイスで貫通させてから軽くニッパー入れたらね。

最初のひときりで割れるほどもろいとはおもわなんだ。
これからいじる人のために書いておくけど
必ず出来るだけ小径のピンバイスでカットラインに穴を開けておいて
ニッパーは使わずにナイフでやさしく攻略してやろう。

力んだ瞬間ブレイク工業します。
カット後の形を整えるのはスピンやすり必須かと思われます。
前々から欲しいと思ってたけど、こんなところで必要になるとは。

もっとも安全な方法としては
カットする範囲すべてをピンバイスで貫通させてそこにスピンやすり。
いやでも範囲狭すぎるな。
[PR]

  by soriden | 2008-05-12 22:34 | 模型・玩具

<< 分岐点 AGOブレイク >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE