天誅4

初めて数時間の感想。
軽く追記。
また軽く追記。

ものっそ忍者ゲー。
ある程度の別ゲーは覚悟してたけど
ここまでの別ゲーが飛んでくるとは思わなかったわ。
イメージ的な忍者が忍道とすると、リアルな忍者が天誅4って感じ。


操作のほうはいかにもアクワイアゲー、慣れがいります。
今回は今までと違い、見つかったら完全にアウトなので
スリルとか、今までの非じゃないです。
もうホント、忍者も大変だなと実感させられる。

携行できる忍具は3つまで、忍者刀も含まれます。
見つかった際に忍者刀を持っていて、リモコンを振ると
チャンバラモードになるんですが、かなりムズイ。
向きもタイミングもシビアであっちゅー間にやられちゃいます。

忍具は今までと違い、ケチってる余裕なんかどこにもありません。
手裏剣は遠くから火を消したり、あててよろめかせた敵を
そのまま井戸に落としたり、転落させて殺したり
万能兵器と化してます。

今までは敵を殺すのが楽しかったゲームだけど
敵に近づくのに結構頭使うし、倒すまでのスリルを楽しむ感じ。
敵倒したときに力丸が「ふぅ…」っていうんだけど、それこっちの台詞です。
倒せてもちっともうれしくねーw

今回3人までまとめて忍殺できるから
「よくも道ふさぎやがって、貴様ら全員天誅下してくれる!」
そんな恨みを込めて力の限り忍殺するのは楽しいんだけどね。

一撃にすべての恨みを叩き込める人にはうってつけかもしれない。



「今回の任務は現地調達」の意味がやっとわかった。
忍具は拾って持って帰らないと次の任務に持っていけないし
新たな忍具欲しさに手持ちと交換すれば今度はそれがなくなります。
それすなわち手ぶらで回収してこいということだ!

忍具リストには残りますが回数0なんで持っていけません。
三法竹おいておくと水がすっからかんになるので
それだけは絶対に避けたいところ。
忍具集めてたらそれやっちゃって今足止め食らってます。

もしやっちゃったら手ぶらでステージ2いくのが一番いいのかな?
というわけで今からいってきます。
クリアに1時間かかるぜ!



すっかり忘れてたけど今回HAYATE設定ってのがあって
それオンにしておくと起動時のメーカーロゴとか全部すっ飛ばしてくれます。
これ地味にありがたい。

今作はどうやって敵を倒すか、どう進めばいいのか結構頭を使うので
謎解き要素みたいな感じもあってなかなか楽しいです。
だいぶ慣れてくると普通に天誅だなぁと感じるようになるんですが
そういう部分もあって新しい天誅といいますか。

フロムに糞ゲーにされちゃった天誅だけど
再びアクワイアが手がけてくれたおかげで元に戻ったし
過去の天誅知らなくてもそこら辺一切触れずに進んでるので
初めての人にも普通にオススメできます。
天誅を黒歴史化した自分でも安心してプレイできます。
[PR]

  by soriden | 2008-10-25 01:23 | その他

<< 夏候惇シルバー 調子こいて今日も描いた >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE